コンセプト
CONCEPT
住宅構造の変化
これまでの住宅構造
これまでの在来木造工法の欠点は、構造的に気密化が難しく、壁内を自由に空気が移動するために、断熱材の性能が十分に発揮されないばかりか、結露を生じ木材を腐らせ、住宅の寿命を短くしていたことにあります。
高気密・高断熱
在来木造の工法を変えず、壁内の気流を止め、断熱材の性能を100%発揮でき、気密・防湿シートと通気層等の採用により、熱・水蒸気をコントロールし、結露せず木材の腐らない工法を完成させました。
住環境をより快適にするために
夏涼しく冬暖かい
一年中快適な住環境

冬は室内の熱は逃げにくく、逆に夏は外の暑さが室内に入りにくい構造は、日本中の各地で地域、風土に合ったデザインで、一年中快適な住環境を創り出します。
無垢材の使用

珪藻土や無垢材(オスモカラー塗)の使用により、湿度の調節や化学物質(ホルマリンなど)を低減します。
クーラーにあまり
頼らない家

夏はあまり、クーラーのいらない涼しい家が十分実現できます。三重地方でも、クーラー1〜2台で全室冷房も可能です。
吹き抜け空間など
開放的な空間も自由自在

吹き抜けのある大きな空間でも寒さを感じない快適な環境になります。住宅デザインの自由度が大きく広がりました。
ダニ・カビの繁殖
しづらい衛生的な環境

ダニ・カビは湿気の多いじめじめした環境で繁殖します。一年中カラッとした快適な環境は、ダニ・カビを一掃し、色々なアレルギーを持つ人にとって画期的な環境改善となります。
防腐剤に頼らず木材が長持する100年住宅の構造
熱や水蒸気を科学的にコントロールし、住宅内部での結露を一掃できました。結果として、木材が腐らず50〜100年の寿命の構造となりました。
新住協 -新木造住宅技術研究協議会-

(クリックでリンク)
当社は新住協に岐阜支部マスター会員として加盟し、様々な工法の研究や実技を参考に、三重の高温多湿地域にも快適で長持ちをさせる高気密・高断熱住宅を造る事ができます。断熱の方法は外断熱・内断熱があり、断熱材は環境にやさしいグラスウール・ウレタン系の板状のもの(ネオマフォーム等)の中から相談により決めます。当社としては、環境にやさしく火災時の安全性・耐久性・防蟻性などから、グラスウールをおすすめしています。
特別仕様・快適装備
24時間換気
高断熱・高気密住宅には、必ず設けるシステムで汚れた空気を排気口より強制排気し、吸気口より新鮮な外気を自然に室内へとり入れます。
このシステムにより常に新鮮な空気が家中に循環されます。

24h換気本体

吸気口

排気口
床下温水暖房
ボイラーで沸かしした温水を床下放熱器やパネルラジエータに送り、床からじんわり温めます。理想的な暖房方法で空気を汚さず、室内温度差もなく快適です。基礎断熱の高気密・高断熱住宅のみ対応です。輻射熱と伝導熱で部屋の空気を温め、火の気も無く安心です。また夏は、このガラリより涼しい風が入ります。

床下放熱器ガラリ

パネルラジエータ

24h換気暖房用リモコン

タオル掛け兼用暖房